FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年3月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:3766ページ

まとめられるのね、これ。
折角なので、感想とも言えない一言を添えて…(ってフランス料理とかにありそうな言い回し・笑)
一鬼夜行 (ポプラ文庫ピュアフル)一鬼夜行 (ポプラ文庫ピュアフル)
読了日:3月2日 著者:小松 エメル
しゃばけっぽいのが読みたくてお試し。
悪くはないが、何だか物足りないかなー?
続編が何冊かあるようなので、読む本に窮したら舞い戻るかも。

天狗風 霊験お初捕物控(二) (講談社文庫)天狗風 霊験お初捕物控(二) (講談社文庫)
読了日:3月5日 著者:宮部 みゆき
震える岩よりこちらの方が好み。
何と言っても、猫がww
新刊出たら読むでしょう。

占星術殺人事件 改訂完全版 (講談社ノベルス)占星術殺人事件 改訂完全版 (講談社ノベルス)
読了日:3月13日 著者:島田 荘司
文章古いな~と思っていたら、本当に古い本だったという。
しかも、何かこれ知っているなあと思っていたら、金田一少年でネタバレされていたという。
昔懐かしい推理小説を読んだ気分。

むかし僕が死んだ家 (講談社文庫)むかし僕が死んだ家 (講談社文庫)
読了日:3月14日 著者:東野 圭吾
久しぶりの東野圭吾はとても読みやすかった。
伏線が張り巡らされ、綺麗に回収されているという感想を読んで手を出したのだけれど、何も考えず読んでいたからかふーん、で終わる。。

ネコの住所録 (文春文庫)ネコの住所録 (文春文庫)
読了日:3月16日 著者:群 ようこ
あれー、これ読んだっけ?と手に取ったらやっぱり読んでいた本。
動物、昆虫話。

魔術はささやく (新潮文庫)魔術はささやく (新潮文庫)
読了日:3月18日 著者:宮部 みゆき
宮部みゆきの現代ものはあまり相性が良くないのだけれど、これは普通。
催眠術、ねぇ…?

風流冷飯伝 (新潮文庫)風流冷飯伝 (新潮文庫)
読了日:3月22日 著者:米村 圭伍
下ネタ?が多くそれが無ければもっと面白いと思う…そこがこの作者さんの持ち味なのかもしれないけれど。
語り口調の文体は久々に読んだかな。

父子十手捕物日記 (徳間文庫)父子十手捕物日記 (徳間文庫)
読了日:3月26日 著者:鈴木 英治
軽い!さらっと読めて悪くない。

まんまこと (文春文庫)まんまこと (文春文庫)
読了日:3月27日 著者:畠中 恵
物語の作りはしゃばけに似ているけれど、しゃばけでは出来ない事をこっちでやっているのかな?って感じ。
サクサク読めます。

こいしり (文春文庫)こいしり (文春文庫)
読了日:3月31日 著者:畠中 恵
まんまことの続編。
なかなか面白いので、この後に続く「こいわすれ」にも手を出そうとしたのだけれど、帯のネタバレで現時点では読む気が失せてしまった。
もう1冊続きが出たら多分、読みます。


読書メーター
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。