FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年5月の読書メーター
読んだ本の数:11冊
読んだページ数:3611ページ

そろそろ読みたい本のネタが尽きて来て、あっちこっちでオススメを聞いている次第。
漫画なら一杯オススメされるんだけど、本って趣味が出るからか難しいのかな。



龍は眠る (新潮文庫)龍は眠る (新潮文庫)
読了日:5月7日 著者:宮部 みゆき
これも現代ものだから、ドキドキしながら開始、意外にいけた。
魔術はささやく、と系統的には似ているのかなあ?


長い長い殺人 (光文社文庫)長い長い殺人 (光文社文庫)
読了日:5月9日 著者:宮部 みゆき
かなーり好み♪
語り手が、登場人物それぞれのお財布で、自分達の持ち主の呼び方がまた素敵。
自分のお財布も何かしら思っていたら、と考えるとまた楽しい(笑)


しゃぼん玉 (新潮文庫)しゃぼん玉 (新潮文庫)
読了日:5月10日 著者:乃南 アサ
ほっこり。


百万の手 (創元推理文庫)百万の手 (創元推理文庫)
読了日:5月14日 著者:畠中 恵
ストーリー展開が意外過ぎて、どうしようかと途中で手が止まった本。
結局、親友は何故殺されたのかスッキリとは分からず、アレー?っどっか読み飛ばしたかなぁと不安。


子ぎつねヘレン (エンジェルワークス文庫)子ぎつねヘレン (エンジェルワークス文庫)
読了日:5月15日 著者:川口 晴
表紙の可愛さに釣られた(笑)
動物ものとしては、なかなか良いのではなかろうか。


猫語の教科書 (ちくま文庫)猫語の教科書 (ちくま文庫)
読了日:5月16日 著者:ポール ギャリコ,スザンヌ サース
かなり古い本らしいですね。
猫が人間をどのように懐柔して、躾けるのかという猫向けの教科書。
所々「?」っていう事もあるけれど、大半は身に覚えがあるような…(笑)
声を出さないニャーオとかね!


つくもがみ貸します (角川文庫)つくもがみ貸します (角川文庫)
読了日:5月20日 著者:畠中 恵
しゃばけと何が違うの?と読んでみたら、付喪神との関係か。
人が作って大切に使ってくれなければ成れないのに、何で付喪神ってあんなに居丈高なのか。
いや、腰が低くても微妙だけど!


あいにくの雨で (講談社文庫)あいにくの雨で (講談社文庫)
読了日:5月23日 著者:麻耶 雄嵩
登場人物が中二病くさい名で、あだ名だと思ってた(笑)
推理物という感じではなく、青春もの…にしては凄いよね!
気になって調べてみたら、この本は著書の中では割と普通だという分類のされ方にさらにびっくりした。

初秋の剣―大江戸定年組 (二見時代小説文庫)初秋の剣―大江戸定年組 (二見時代小説文庫)
読了日:5月28日 著者:風野 真知雄
短編集というのもあるけれど、非常に軽い。
江戸時代の定年って何歳だろう?
目玉焼きの着物にトマトの帯!?と思ったら、本当にあるのね、しかも可愛い!


雛の鮨―料理人季蔵捕物控 (時代小説文庫)雛の鮨―料理人季蔵捕物控 (時代小説文庫)
読了日:5月30日 著者:和田 はつ子
長寿シリーズらしいので、お試し。
…定年組より中身が軽いってどうなんだろうかー?
大体、菜箸投げて右目に突き刺さるって、やり投げ選手も真っ青じゃないかな…。


お陀仏坂―父子十手捕物日記 (徳間文庫)お陀仏坂―父子十手捕物日記 (徳間文庫)
読了日:5月31日 著者:鈴木 英治
安心、安定のクオリティ。
このシリーズは完結しているようなので、多分全巻読むでしょう。
しかし、題名と中身の関連性がよーわからんなー。



読書メーター
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。